赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ) 子育てのあるくらしをもっと楽しく、豊かにする日々の生活をピカッと輝かせてくれそうなアイテムや情報をお届け。May your life be piquale!

赤ちゃんが電車に乗れるのはいつから?持ち物や車内での注意点も紹介

電車に乗れそうな年頃の赤ちゃん赤ちゃんが電車に乗れるのはいつから?

この記事を読むための時間:3分

少し遠くまでお出かけしたい時や用事がある時、「赤ちゃんっていつから電車に乗れるの?」と疑問に思いますよね。生後すぐ乗ることに危険性はあるのか、そもそも決まりがあるのかなど、わからないことがたくさん。そこでこの記事では、赤ちゃんが電車に乗れる月齢を紹介します。電車に乗るために準備したいもの・注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんが電車に乗れる月齢

赤ちゃんが電車に乗れる月齢を、ルールと安全性の両方の視点から紹介します。また、電車賃についてもチェックしましょう。

年齢制限はない

鉄道会社や国のルールとして、電車に年齢制限はありません。そのため月齢を気にせずに電車に乗ることが可能です。しかし、人が集まる電車の中にはホコリやウイルスなどがたくさん存在しており、赤ちゃんにとって快適な場所ではありません。そのため電車での移動は最低限に抑えることをおすすめします。

外出に慣れてからがおすすめ

可能であれば、赤ちゃんと電車に乗るのは、赤ちゃんを少しずつ外の環境に慣れさせてあげてからが良いです。お母さんのお腹の中から出てきたばかりの赤ちゃんは、お部屋の中の空気や静かな場所でも刺激的。そんな中、ウイルスや雑菌がたくさんで、人との距離が近く、騒音も大きい電車は刺激が大きすぎる可能性があります。赤ちゃんに負担をかけないように、早くても生後1〜3ヶ月頃に電車デビューするのがおすすめです。

赤ちゃんの電車賃は無料

1歳未満の赤ちゃんの電車賃は、基本的に無料です。また、1〜6歳の幼児は1人なら無料、複数人(2人または3人)から子ども運賃、6歳〜中学生以下は子ども運賃と設定されていることが多いです。赤ちゃん1人を連れて電車に乗るなら、大人の電車代だけで乗れます。鉄道会社によっては運賃が必要になる場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

赤ちゃんとの電車移動の準備

いざ赤ちゃんと電車に乗ることになったら、「大丈夫かな?」と不安になる方も多いはず。以下のような準備をしておくと安心です。

通勤ラッシュや土日の混雑時を避ける

混雑する電車へは赤ちゃんと一緒に乗らなくても良いよう、混む時間帯を調べたり、早い電車に乗れる準備をしたりしましょう。人が密集した車内は、近くに風邪などのウイルスを持っている人がいる可能性が高まります。また、ぎゅうぎゅうと周りの人に押されて、赤ちゃんに圧力がかかってしまうことも。安全のために、できるだけゆったりと乗れる時間帯を選ぶようにしてください。

ベビーカーと抱っこひも両方あると安心

ベビーカーだけで電車に乗るのは少し不安です。荷物は増えてしまいますが、抱っこひもも準備しておくことをおすすめします。なぜなら、混雑してベビーカーが押しつぶされそうな時や泣き出した時など、どうしてもベビーカーに乗せていられない状況になる可能性があるためです。そんな時に抱っこひもがあれば、腕の負担を抑えて楽に抱っこに切り替えられます。

おもちゃを持っていく

電車の中で赤ちゃんがぐずり出したり、泣き出したりする可能性もあります。周りの目が気になりますよね。そんな時、お気に入りのおもちゃを渡してあげると、おもちゃに夢中になって赤ちゃんが落ち着いてくれるかもしれません。

除菌ウェットティッシュがあると便利

赤ちゃんと電車に乗る時は、赤ちゃんに使える除菌ウェットティッシュがあると安心。赤ちゃんが電車の中で手すりや壁に触れてしまう可能性があるからです。その手を舐めてしまったら、と思うと怖いですよね。いつでもサッと綺麗にしてあげられるようにしましょう。

電車内で注意すること

最後に、赤ちゃんを連れて電車に乗った時に注意することを紹介します。

特急電車や新幹線ではベビーカーをたたむ

電車内では基本的にベビーカーをたたむ必要はありませんが、特急電車や新幹線に乗る場合は安全のためにたたむことをおすすめします。また、電車内にベビーカースペースがある場合はできるだけ利用するなど、周りの人への配慮を忘れないようにしましょう。加えて、駅でベビーカーを利用する際はベビーカーに赤ちゃんを乗せたままエスカレーターに乗らない、駆け込み乗車はしないなど、安全には十分に気をつけてください。

泣きやまない場合は途中でも降りる

赤ちゃんが大きな声で泣いてしまい、なかなか泣き止まない場合は、途中でも一度電車を降りることも考えましょう。周りの人への配慮でもありますが、慣れない電車で赤ちゃんが不安になっているのかもしれません。降りるのが難しい時は「もうちょっとで着くよ」「大丈夫だよ」と声をかけてあげてください。

赤ちゃんをいつから電車に乗せるか計画しておこう

赤ちゃんが電車に乗れる月齢を紹介しました。電車には年齢制限がないため、出産後の退院時や検診で生後まもなく電車に乗ることも可能です。しかし、突然赤ちゃんと電車に乗ると、思わぬトラブルが起きたりパニックになったりするかもしれません。いつから赤ちゃんと一緒に電車に乗るか計画し準備をしておきましょう。

関連情報

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ)

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ)

ちょっと前まで赤ちゃんだと思っていたのに
気付けば元気にそこらじゅうを走り回る子供たち

長いようで短い育児期間。

限られた時間を少しでも大切にしたい。
知育、食育もちゃんとして色んな経験もさせてあげたい。

・・・とは思っても、子育てはほんとうに大変!

親となったその日から誰もが通る
悩み多き子育て期間を少しでも楽しく、学びある時間に。

慌ただしい生活の中にも豊かですてきな刺激と
しあわせを感じられるアイテムや情報を
piquale(ピカーレ)はお届けします。

屋号 piquale
住所 〒636-0152
奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11
電話番号 072-768-8548
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝、年末年始、その他臨時休業日
代表者名 小川 晃代 (オガワ アキヨ)
E-mail hello@piquale.net

コメントは受け付けていません。

特集

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ) 子育てのあるくらしをもっと楽しく、豊かにする日々の生活をピカッと輝かせてくれそうなアイテムや情報をお届け。May your life be piquale!

〒636-0152
奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11

0727-68-8548

10:00~17:00
定休日:土・日・祝、年末年始、その他臨時休業日

 

piquale

0