赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ) 子育てのあるくらしをもっと楽しく、豊かにする日々の生活をピカッと輝かせてくれそうなアイテムや情報をお届け。May your life be piquale!

子供に嫌われる野菜の特徴とは?食べてもらえる調理法もご紹介

野菜を使って料理をする子供達

子供が嫌う野菜の特徴と食べさせるための対処法について

この記事を読むための時間:3分

子供に嫌いな野菜を食べさせるのはひと苦労ですよね。子供は野菜の栄養分の必要性を理解できないので、ただ説得するだけではなかなか食べてはくれません。そんな時は調理方法を工夫してみたり、楽しい環境を演出してみたりすると、食べてくれるようになりますよ。子供が嫌う野菜の特徴を理解しつつ、親と子供が一緒に楽しみながら野菜を食べられるようになるコツについて、今回は解説していきます!

子供が嫌う野菜の特徴は?

子供が嫌う野菜の特徴は次の4つが考えられます。

・味
・見た目
・香り
・食感

具体的に見ていきましょう。

子供は野菜の苦みや酸味が苦手です。なぜなら子供は苦みを「有毒」、酸味を「腐っている」と、直感的に認識してしまうからです。ピーマンの苦みや、トマトの酸味を子供が嫌うのは、このことが原因であるとされています。

見た目

子供は色の濃い野菜を敬遠しがちです。特に緑黄色野菜の濃い色が苦手だといわれています。ピーマンやゴーヤなどの深い緑色の野菜や、ナスのような紫色をした野菜などは子供達から嫌われることが多いようです。

香り

香味野菜の香りや、葉野菜の青臭さが子供から嫌われるのはよくあることです。セロリやキュウリ、ほうれんそうなどが嫌いな子供は、これらの野菜が放つ強い香りに苦手意識を持っているようです。

食感

ナスが子供から嫌われる理由の1つとして、ナスの皮の「キュッ、キュッ」とした食感が原因に挙げられるのをよく耳にします。シイタケの「グニャグニャ」とした食感など、独特な食感をもつ野菜に子供は苦手意識を持つことが多いようです。

嫌いな野菜を食べてもらうための調理法とは

苦手な食材をただ頭ごなしに「食べなさい!」と説明しても、子供には理解出来ません。子供に苦手な野菜を食べてもらうには、調理法や飾りつけを工夫することが大切です。ここでは具体的な調理法や飾りつけについて説明していきましょう。

熱を加える

野菜は熱を加えることで子供が苦手とする酸味や苦みが抑えられ、甘味や旨味が増します。ピーマンやゴーヤなどの野菜は油との相性が良く、油いためにしたり天ぷらで揚げたりすると苦みが軽減し、食べやすくなります。野菜が苦手な子供も野菜に熱を加えることで好んで食べるようになることが多いです。

子供が好む味付けにする

子供に苦手な野菜を食べてもらうには、味付けを工夫することも重要です。カレー味やケチャップ味のような、子供が好む味付けにすることで、子供が苦手な野菜を食べられるようになることはよくあることです。

見た目を変える

苦手な野菜をいろんな形にカットしてみたり、キャラクターもののピックにさしてみたりして見た目を変えることで、子供が積極的に食べてくれるようになることもよくあることです。例えばニンジン嫌いな子供のシチューの中に星形やハート形に切ったニンジンを入れると、その形の可愛らしさから積極的にニンジンを食べてくれるようになる場合があります。

食感を変える

熱を加えたり皮をむいたりして食感を変えることで、子供が苦手な野菜を食べられるようになることがあります。ナスやトマトは皮をむいてから調理することで、子供が嫌うことが多い皮の「キュッキュッ」とした食感を軽減できます。生では固い根野菜も、やわらかくなるまで煮込むと食べてくれるようになることが多いです。

におい消し

におい消しをすることで子供が苦手な野菜を食べられるようになることがあります。葉野菜やピーマンの青臭さは水にさらしてあく抜きしたり、油でいためたりすることで軽減することが可能です。ゴーヤは一度塩もみすると青臭さも、苦みも軽減して美味しくなりますよ!

子供に野菜を好きになってもらう方法

調理法を工夫する以外にも子供に野菜を好きになってもらう方法はあります。どのようなものがあるのかについて、解説します。

一緒に料理する

子供が苦手な野菜を自分で調理することで食べられるようになることはよくあります。最初は盛り付けや配膳など、簡単なことからお手伝いをしてもらいましょう。慣れてきたら野菜を切ったり炒めたりを少しずつ経験させます。子供は自分が作った料理を食べてみたいという好奇心に駆られ、苦手な野菜も積極的に食べてくれるようになります。

一緒に野菜を作る

庭先やプランターで子供と一緒に野菜を育てることも、子供に野菜を好きになってもらう一つの方法です。水や肥料を上げたりして、家族で一生懸命育てた野菜を収穫すると、野菜嫌いな子供も「食べてみたい」という衝動にかられます。自分で育てた野菜は一味も二味も違うのか、不思議な程子供が野菜を食べてくれるようになりますよ!

子供と野菜を楽しもう

なぜ野菜を食べなければならないのか、子供にそのことをどんなに教えても、子供はなかなか野菜を食べようとはしてくれません。野菜を子供に食べてもらうには家族全員で調理したり、育てたりして楽しみながら普段の食事の中に取り入れていくと、不思議と食べてくれるようになりますよ。ホットプレートを囲んで野菜たっぷりのお好み焼きを家族みんなで作りながら食べるのもいいかもしれませんね。子供と一緒に親も楽しむことで親の精神的負担も無くなって、一石二鳥です!

 

関連情報

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ)

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ)

ちょっと前まで赤ちゃんだと思っていたのに
気付けば元気にそこらじゅうを走り回る子供たち

長いようで短い育児期間。

限られた時間を少しでも大切にしたい。
知育、食育もちゃんとして色んな経験もさせてあげたい。

・・・とは思っても、子育てはほんとうに大変!

親となったその日から誰もが通る
悩み多き子育て期間を少しでも楽しく、学びある時間に。

慌ただしい生活の中にも豊かですてきな刺激と
しあわせを感じられるアイテムや情報を
piquale(ピカーレ)はお届けします。

屋号 piquale
住所 〒636-0152
奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11
電話番号 072-768-8548
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝、年末年始、その他臨時休業日
代表者名 小川 晃代 (オガワ アキヨ)
E-mail hello@piquale.net

コメントは受け付けていません。

特集

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ) 子育てのあるくらしをもっと楽しく、豊かにする日々の生活をピカッと輝かせてくれそうなアイテムや情報をお届け。May your life be piquale!

〒636-0152
奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11

0727-68-8548

10:00~17:00
定休日:土・日・祝、年末年始、その他臨時休業日

 

piquale

0