赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ) 子育てのあるくらしをもっと楽しく、豊かにする日々の生活をピカッと輝かせてくれそうなアイテムや情報をお届け。May your life be piquale!

子どもの免疫力を高める方法!生活環境を整えて病気に負けない体をつくろう

子どもの免疫力を高める方法!生活環境を整えて病気に負けない体をつくろう

 

 

新型コロナウイルスの流行が、世界的に大きな問題となっています。特に幼い子どもがいる家庭では、心配がつきませんよね。

 

コロナウイルスにかからない、かかっても重症化しないようにするために、今注目されているのが「免疫力」です。免疫力を高めるということは、コロナウイルスだけでなく、一般的な風邪や花粉症、インフルエンザなどにも効果が期待できます。

 

今回は、子供の免疫力を高める方法を紹介します。家族で実践して、免疫力を高めていきましょう。

 

 

免疫とは

 

免疫力とは、病気などから体を守ってくれる力のことです。人間の体の中では、がん細胞が発生したり、ウイルスや菌が侵入してきたり、さまざまなリスクにさらされています。

 

体内で攻撃を受けても、免疫力が高ければ免疫細胞が攻撃から体を守ってくれます。しかし、免疫力が低下すると攻撃に負けてしまい、体調を崩してしまうのです。

 

病気から体を守るには、免疫力を上げることが非常に大切です。

 

 

子供が風邪をひきやすい理由

 

子どもは頻繁に風邪をひきます。とくに、保育園や幼稚園での集団生活が始まると、一気に病気をもらってくる子どもが増えます。「保育園の洗礼」ともいわれますよね。

子どもは咳エチケットや鼻をかんだりすることが上手にできず、友達と遊ぶ距離も近い、おもちゃなどをなめるなど、風邪をうつしあいやすい環境にいます。

 

赤ちゃんは、生後6か月くらいまでは、お母さんの胎盤や初乳からもらった免疫で守られています。この頃は、集団生活をしていない子が多いこともありますが、免疫があるため風邪をひきにくいといわれています。

しかし、お母さんからもらった免疫は徐々に切れ、風邪をひきやすくなるのです。

 

熱が出るのは体がウイルスと戦っているからです。風邪の症状で熱が出るのは、力を高めているということ。鼻水や咳、下痢症状なども、ウイルスと戦っている証拠なのです。

 

子どもは風邪を繰り返して引くことで、徐々に免疫をつけていきます。

 

 

子供の免疫力が低下するとき

 

  子供の免疫力が低下するとき

 

どのようなときに子どもの免疫力が低下するのか、みてみましょう。

 

  • 強いストレスを受けたとき

免疫力には心の健康も大きく関係しています。子どもは強いストレスを受けると、自律神経のバランスを崩してしまいます。進学や進級で生活環境が変わったり、友達との関係がうまくいかなかったり、ストレスや怒りで精神状態が不安定になると、免疫力の低下につながります。

 

  • 腸内環境が乱れているとき

腸内環境と免疫力には深い関係があるといわれています。腸内では善玉菌が優勢でないと免疫力が低下します。食生活はもちろん大切ですが、便秘や下痢にも注意が必要です。

 

  • 睡眠不足

子どもの成長に大切な睡眠は、免疫力にも関係があります。睡眠不足になると、慢性的な疲労や自律神経の乱れによる、免疫力の低下が心配されます。

 

 

子供の免疫力の高め方

 

子どもの免疫力を高める方法を紹介します。すぐに取り入れられることを中心に紹介するので、ぜひ試してみてください。

 

 

食べ物で免疫力を高める

 

免疫力を高めるには、腸内環境を整えることが大切です。乳酸菌・発酵食品など、腸内環境を整える食べ物を積極的に摂取しましょう。

 

腸内環境を整える食べ物は「納豆」「ヨーグルト」「チーズ」「味噌」「甘酒」などがおすすめです。1日1杯の味噌汁は免疫力を高めるといわれています。

 

腸内環境を整えるためとはいっても、一定の食べ物ばかり食べるのはよくありません。免疫力を高める食べ物を意識しながら、バランスのよい食事をとりましょう。

 

 

生活習慣を整える

 

1日のうち、1歳から3歳は12時間から14時間、3歳から5歳は11時間から13時間の睡眠が必要といわれています。

夜は遅くても9時には眠れるよう、入眠リズムを整えるようにしましょう。

 

質のよい睡眠をとるために、日中は散歩や公園遊びなど、思い切り体を動かす時間を作ってあげます。

食事とおやつの時間は規則的にとるようにしましょう。

遊ぶ時間、食事の時間、絵本を読む時間、勉強する時間など、メリハリのある生活をすることが大切です。

 

必要な睡眠時間は、子どもによって個人差があります。

 

年齢別に睡眠時間の目安はありますが、ショートスリーパーの子もいれば、4歳、5歳になってもお昼寝が必要な子もいるでしょう。

睡眠不足になってはいけませんが、あまり寝ない体質の子もいます。睡眠時間の短さを深刻に考えすぎないようにしましょう。

 

 

菌を排除しすぎない

 

日和見菌

 

ウイルスの侵入を防ぐために除菌は大切ですが、除菌をしすぎると体を守ってくれる「常在菌」までなくなってしまいます。

 

私たちの手や体には無数の常在菌が存在し、体を守ってくれています。常在菌がなくなると、感染症にかかりやすくなってしまうのです。

 

赤ちゃんがなんでも舐めてしまうのも、いろんな菌に触れ、免疫をつけるためには大切なことです。

 

また、どろんこ遊びや砂遊びをすると、土の中にいる「日和見菌」という腸内細菌が体内に取り込まれ、免疫力を高めることができるといわれています。

 

大人は、つい「汚い」と制止したり、除菌したりしますが、子供が菌と触れ合うのはとても大切なことです。あまり神経質にならずに、温かい目で見守ってみるとよいかもしれません。

 

 

生活を見直して免疫力を高めよう

 

子どもの免疫力を高めるには、腸内環境をよくする食事、規則正しい生活、そして菌と共存する生活が必要ということがわかりました。

 

親からの愛情や安定した生活も、子供の緊張が緩和され、免疫力を高めることにつながります。

 

たっぷりの愛情と規則正しい生活で免疫力を高めて、ウイルスに負けない体を作りましょう。

関連情報

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ)

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ)

ちょっと前まで赤ちゃんだと思っていたのに
気付けば元気にそこらじゅうを走り回る子供たち

長いようで短い育児期間。

限られた時間を少しでも大切にしたい。
知育、食育もちゃんとして色んな経験もさせてあげたい。

・・・とは思っても、子育てはほんとうに大変!

親となったその日から誰もが通る
悩み多き子育て期間を少しでも楽しく、学びある時間に。

慌ただしい生活の中にも豊かですてきな刺激と
しあわせを感じられるアイテムや情報を
piquale(ピカーレ)はお届けします。

屋号 piquale
住所 〒636-0152
奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11
電話番号 072-768-8548
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝、年末年始、その他臨時休業日
代表者名 小川 晃代 (オガワ アキヨ)
E-mail hello@piquale.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ) 子育てのあるくらしをもっと楽しく、豊かにする日々の生活をピカッと輝かせてくれそうなアイテムや情報をお届け。May your life be piquale!

〒636-0152
奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11

0727-68-8548

10:00~17:00
定休日:土・日・祝、年末年始、その他臨時休業日

0