赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ) 子育てのあるくらしをもっと楽しく、豊かにする日々の生活をピカッと輝かせてくれそうなアイテムや情報をお届け。May your life be piquale!

指先の知育で子どもの発達を促す!0歳から5歳までの知育の取り入れ方

指先の知育で子どもの発達を促す!0歳から5歳までの知育の取り入れ方

 

知育ってなに?

 

近年、子どもの「地頭のよさ」を育てる教育が、注目されています。現代社会では、学歴だけでなく、頭の回転の速さや自分で考える力、発想力が求められているためです。子供の地頭のよさ、つまり知的能力を伸ばすと注目されているのが「知育」です。

 

知育には様々な方法がありますが、ここでは0歳から取り入れることができる、「指先の知育」について紹介します。

 

 

知育とは

 

知育とは、読み書きなどの「学習能力」ではなく、「知的能力」を育てる教育です。知的能力とは、想像力・記憶力・判断力・発想力といった能力を指します。

 

知的能力を育てるということは、頭のよさだけではなく、想像力で人を思いやる心や、優しさを育てるということにもつながっているのです。

 

 

指先の知育は脳の発達に効果的

 

知育では「巧緻性(こうちせい)」が重要視されています。巧緻性とは、一般的に「手先の器用さ」を表す言葉です。手指の動きは、脳の発達に重要な働きをするといわれています。指を使い脳へ刺激を与えることで、子どもの発達を促す効果があるといわれているのです。

 

手指は第2の脳と呼ばれています。脳には体の動きを指令する「運動野」があり、運動野の発達には手指が大きく関係しています。運動野は2歳までに大人と同じくらいにまで発達するため、2歳までにたくさん指を使わせることが、運動野の発達に効果的であるといわれています。

 

ただし、2歳を過ぎたからといって、手指の知育が子どもの発達に効果がないわけではありません。指には脳につながる神経が多数あるため、何歳になっても、指を使うことで脳にはよい刺激が伝わります。指はただ動かすだけでなく、使い慣れない動きや、考えながら動かすことで、より活性化するといわれています。

 

 

効果的な指先の知育ポイント

 

指先の知育は、ただ指を動かすだけではなく「考える」ことを取り入れる必要があります。指先を使う遊びの中に、色や形の組み合わせを取り入れることで、脳や心の発達に、より効果的であるといわれています。

 

知育遊びは、年齢に合ったものを取り入れましょう。難しすぎても、簡単すぎてもよくありません。年齢に合ったレベルの遊びの中で、「できる喜びを感じる」ことが脳のよいトレーニングになります。

 

繊細な指先の知育では、脳の発達とともに、集中力も養われるのです。

 

 

年齢別におすすめ!指先の知育の取り入れ方

 

年齢別おすすめ知育玩具

 

つづいて、0歳から5歳まで、年齢に合った指先の知育を紹介します。知育は、年齢に合った遊びを取り入れる必要があります。遊びの中に知育を取り入れて、子どもの発達を促しましょう。

 

 

0歳~1歳におすすめの指先の知育

 

指先の知育は、0歳から取り入れることができます。

 

0歳では、ガラガラや、握って音が鳴るぬいぐるみなど、手で握って遊べて音が鳴るおもちゃがおすすめです。

 

音が鳴るおもちゃやカラフルなおもちゃは、指や手の動きとともに、聴覚や視覚も刺激されます。

おもちゃは赤ちゃんが口にしても安心な素材、誤嚥のない大きさのものを選びましょう。

 

離乳食が始まったら、食材を指でつまむ練習を始めます。

小さく切った食材を手でつまむことは、子どもにとって刺激的な指先の運動のひとつです。

 

自分でものを食べるという喜びも感じることができます。

 

0歳から1歳の子どもには、指先の刺激とともに、聴覚・視覚を刺激することがよいでしょう。

 

 

2歳~3歳におすすめの指先の知育

 

2歳ごろからは、少しずつ指先を上手に動かせるようになります。

 

考えながら指先を使う遊びとしては、積み木・パズル・お絵描き・粘土遊び・折り紙などを取り入れるとよいでしょう。

 

2歳、3歳ごろは、まだ誤嚥の心配がある年齢です。与えるおもちゃは、口に入らない大きさ、口にしても大丈夫な素材など、安全なものを選びましょう。

 

スプーンやお箸の練習も始める時期です。スプーンやお箸を使うことは、指先のよい刺激になります。

 

 

▶ただ食べるだけじゃもったいない!毎日のお食事タイムが学びの時間に変わるトレーニングカトラリーセットDoddl

 

 

この時期は、好奇心旺盛で、なににでも挑戦しようとするときです。また、思い通りにできないと、かんしゃくを起こす時期でもあります。

 

本人が「やりたい」「楽しい」と思う気持ちを大切にして、何事も積極的に挑戦させましょう。

 

言葉も、心もどんどん成長する大切な時期です。

 

 

4歳から5歳におすすめの指先の知育

 

4歳以上の子どもには、集中力を高める指先遊びが効果的です。

 

パズルや粘土遊びなどでも、4歳になると想像力をフル回転し、2、3歳のころには作れなかった形のものが作れるようになります。ブロックなどの自分で考えて形を作る遊びでは、指先を動かしながら考える力を身につけることができます。

 

昔からある遊びでは、「あやとり」がおすすめです。あやとりは複雑な指先の動きで脳を活性化するとともに、集中力・記憶力が培われます。

 

足し算引き算を取り入れた積み木遊びで、指先遊びをしながら数字を学ぶという、方法もあります。

 

 

指先の知育は成長に合わせて楽しく

 

知育遊びをしよう

 

知育は、子どもの成長に合わせた遊びで、脳や神経によい刺激を与えます。遊びに知育を取り入れることで、頭・心・体の成長を促すことができるのです。

 

知育遊びが上手にできないからといって子どもを叱ることや、嫌がる子どもに無理強いすることは知育ではありません。親子で楽しみながら、指先の知育で子どもの潜在能力を伸ばしてあげましょう。

関連情報

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ)

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ)

ちょっと前まで赤ちゃんだと思っていたのに
気付けば元気にそこらじゅうを走り回る子供たち

長いようで短い育児期間。

限られた時間を少しでも大切にしたい。
知育、食育もちゃんとして色んな経験もさせてあげたい。

・・・とは思っても、子育てはほんとうに大変!

親となったその日から誰もが通る
悩み多き子育て期間を少しでも楽しく、学びある時間に。

慌ただしい生活の中にも豊かですてきな刺激と
しあわせを感じられるアイテムや情報を
piquale(ピカーレ)はお届けします。

屋号 piquale
住所 〒636-0152
奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11
電話番号 072-768-8548
営業時間 10:00~17:00
定休日:土・日・祝、年末年始、その他臨時休業日
代表者名 小川 晃代 (オガワ アキヨ)
E-mail hello@piquale.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

赤ちゃんと子育てのあるくらし|piquale(ピカーレ) 子育てのあるくらしをもっと楽しく、豊かにする日々の生活をピカッと輝かせてくれそうなアイテムや情報をお届け。May your life be piquale!

〒636-0152
奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11

0727-68-8548

10:00~17:00
定休日:土・日・祝、年末年始、その他臨時休業日

 

piquale

0